hikari
AUTHOR

hikari

主婦・5歳の娘の母 アスペルガー症候群(診断済み)の妻・カサンドラ経験者、娘はグレーゾーン。 私は専門家ではありません。 でも、自分がカサンドラ症候群の真っ最中で苦しくてたまらなかった時、いつも探していた言葉は専門家サイトの「ありふれた箇条書きの意見や改善方法」ではなく、「生の声」や「実際同じような環境の乗り越え方」でした。 誰にもわかってもらえなくて辛くて、病院やカウンセラーに会いに行けば、”理解してあげましょう、受け入れましょう、許しましょう”ばかり言われて本当にウンザリしていました。 余計に辛くなる気持ちでいっぱいでした。 なので、私は専門家じゃないけど、カサンドラ症候群を乗り越える仲間としてこのブログを始めたいと思います。

  • 2019年12月2日

妻と離婚したくなくて、アスペルガー夫が本気で特性を改善したら凄かった

アスペルガーが本気で自分の幸せのために頑張ったらすごかったという話です。離婚を切り出して、頑張るから!と最後のチャンスを懇願してきた夫。どうせ1週間も持たないだろうと思っていたけど、その頑張りがすごくてビックリです。いつ終わるかわからないけど(笑)ここに記しておきます。

  • 2019年11月8日

アスペルガー夫よ、あなたが欲しいのは「家族の幸せ」ではなく「自分の幸せ」なんだよ

離婚を切り出して、私たちは夜中に沢山話し合いました。とても冷静に話すことが出来ました。しかし離婚のときも、やはりアスペルガーは相手の気持ちがわかっていない。飛び出す言葉、している行動、本質を見てみると、それは全て「あなたの為」なんだよっていう事ばかりなのです。

  • 2019年11月5日

アスペルガーの夫に離婚話を切り出すタイミングと、夫への思い

遂に今夜、夫に離婚話をしようと思っています。記憶がなくなりすぎていて、何にそんなに苦しんでいたのかもぼやーッとしていて思い出せないという致命的な状態ではありますが、もうこんな人生におさらばしたい!人間らしい感情、笑顔、愛を取り戻したい。アスペルガーに離婚を切り出すタイミングの重要性についても書かせてください。

  • 2019年11月1日

アスペルガーの「一つの事しかできない」というのは想定範囲を遥かに超えるレベルだよという話

一つ一つの特性は、実は言葉にするより深刻だったり深かったりします。その認識を誤ると、無意味な争いや余計な哀しみを生みかねません。 今回は、「複数の事を同時にするのが難しい」というアスペルガーの代表的な特性についてのお話です。

  • 2019年10月15日

子供がアスペルガーだったら親は子の配偶者にどんな対応をしたらいいのかという考察

夫の母(義母)にこの苦しみを訴えた時、全く伝わらず、わかってもらえず、ムッとされて終わりました。私が義母の立場だったら何と言ったらよかったんだろう?って何度も何度も考えてきました。いつか来るかもしれない、娘の配偶者へ言ってあげたい言葉を考えてみました。

  • 2019年10月3日

カサンドラ症候群には段階があるという話~何度も来る苦しみ…この苦しみに終わりはあるの?

カサンドラの苦しみを、段階別にまとめてみました。まとめてみて改めて、どの期でも苦しいなと思ってしまいましたが…カサンドラさんはもちろんのこと、友人や家族でいつも「苦しい」と愚痴ってるカサンドラさんがいる方に読んでいただきたいです。